レーザーとファイバー

レーザーとファイバーの光学設計では、光源がコヒーレントなレーザー ビームであるか、受光側が光ファイバーです。上記の両方の条件が成立する設計もあります。OpticStudio® には、レーザーと光ファイバーによる光学系の設計、解析、最適化に特化して開発された高機能なツールが用意されています。レーザーとファイバーの技術の用途は、一般家庭用製品から、レーザー誘導システム、蛍光撮像、光ファイバー センサー、レーザー材料加工まで、きわめて広い範囲にわたります。

Electro Scientific Industries の 9850TPIR+ メモリ リンク修復ツール

レーザーとファイバーの用途の例 :

航空宇宙

レーザー誘導システム、レーザー距離計

自動車

ヘッドライト、LiDAR

家電製品

レーザー プリンタ、レーザー プロジェクタ

通信

光ファイバー通信、光無線通信、宇宙空間光通信

ライフ サイエンス

試料照明、蛍光撮像、光ファイバー センサー、レーザー眼科手術、レーザー脱毛、その他の美容整形

フォトニクス

光学相互接続 (ファイバー結合)

製造

半導体露光装置、レーザー加工(カット、穴あけ、彫刻)、レーザーマーキング、レーザー溶接

レーザーとファイバーに関する興味深い事実

Ready to get started?

当社では、当社サイトでのお客様のエクスペリエンスを最適なものにするために Cookie を使用しています。Cookie の設定はいつでも更新できます
お客様は、以下のボタンをクリックすることにより、当社の Cookie ポリシーに同意されたことになります。