照明機器と照明光学系

実際の光源から均一な照明パターンまたは滑らかに変化する照明パターンを作り出すことは、光学系設計で重要な課題です。照明の光源は不均一である傾向が強いので、この種類の照明機器と照明光学系は設計が複雑になります。OpticStudio® は、高度な物理計算を使用して正確な計算結果、シミュレーション、モデル化を実現する機能を備えています。照明機器、照明光学系、光学系の各機能のこの組み合わせは、OpticStudio のみが備える独自のものです。

照明機器と照明光学系の用途の例 :

自動車

ヘッドライト、テールライト、方向指示器、ヘッドアップディスプレイ、カーナビ、車内ライティング、ダッシュボード照明

航空宇宙

航空機の外部照明、滑走路の照明

家電製品

各種指示機能の照明、カメラのフラッシュ

ディスプレイ

LCD パネルの照明、プロジェクタの照明

一般的な照明

住宅地域の照明、街路照明、LED コリメータ

ライフ サイエンス

試料の照明、蛍光撮像

太陽光/太陽熱

太陽光集光器、太陽光発電タワー

ビジョン システム

検査用照明

照明機器と照明光学系に関する
興味深い事実

Ready to get started?

当社では、当社サイトでのお客様のエクスペリエンスを最適なものにするために Cookie を使用しています。Cookie の設定はいつでも更新できます
お客様は、以下のボタンをクリックすることにより、当社の Cookie ポリシーに同意されたことになります。