光学メカ
製品の設計を
効率化

LensMechanix を使って

設計および検証を行う

光学製品チームには、設計から製造までをより簡単かつ速く行う方法が必要です。 LensMechanix がその答えです。 LensMechanix は CAD 上で光学製品のハウジングを設計する、メカ設計者向けのソフトウェアです。

LensMechanix を使用することで、メカ設計者は OpticStudio® で設計された光学システムの完全な設計データにアクセスすることができ、すぐにメカ エンベロープの設計を開始することが可能です。その後、メカ設計を検証し、実際の試作品を構築する前に問題を修正することができます。

Zemax Virtual Prototyping のメリットに関する詳細は
こちらをご覧ください。

LensMechanix で

ワークフローを効率化

LensMechanix はメカ設計者と光学設計者間のコミュニケーションを簡潔化し、
設計の往復を減らします。
LensMechanix のシングル ライセンスは、  Creo および SOLIDWORKS の両方で使用可能です。

LensMechanix for Creo

LensMechanix for SOLIDWORKS

実績は信頼の証

何千もの企業が弊社のソフトウェアを使って、最先端の光学製品を開発しています。
その中からいくつかのお客様の声をご紹介します。

LensMechanix が必要な理由

設計の忠実性を維持

メカ設計者は、たったひとつのファイルで光学設計者が定義した全ての光学データにアクセスすることができます。STEP ファイル、スプレッドシートや図面を共有する必要はありません。

  • レンズの材質、位置、光源、波長およびディテクタを含む光学設計全体を、 LensMechanix に CAD パーツとして取り込みます。

  • OpticStudio と同じ光線追跡エンジンにアクセスできるため、設計プロセスを通じて、光学性能の品質を保証します。
     

市場投入までの時間を短縮

LensMechanix を使えば、最終的な設計に到達する前に生じる光学設計とメカ設計間の繰り返しを減らすことで、時間の削減が可能です。繰り返しが減ることで、設計をより速く市場に投入させることができます。

  • 推測に基づく作業を最小限にし、十分な情報に基づいて設計を決定することができます。

  • 設計の繰り返しを減らします。

 

コストの削減

メカ設計者が光学性能におけるメカ部品の影響を簡単に確認することができます。これにより、実際の試作品を構築する前に設計のエラーを見付けることが可能です。

  • 光線がどのように光学メカ システムを通過するのかをシミュレーションします。

  • 慣れ親しんだ Creo または SOLIDWORKS の環境内で、問題を指摘することができます。
     

あるお客様が、どのように
開発時間を半分に削減
したのかをご紹介します。

トレーニングならびに
グローバル サポートの
ご利用が可能です。

実践的なトレーニング
Zemax 社のトレーニングは、光学系設計やメカ設計における
最新の技術を提供することで、
個人やチームの能力を向上させます。

開催予定のコースを見る >

世界的なサポート
Zemax 社の光学およびメカ エンジニアのチームが、
インストール、カスタマイズ、
アプリケーションなどのご質問に回答します。

サポートにメールを送る >

製品デモをご希望ですか?