光学メカ製品の設計を
効率化

LensMechanix で Creo の
ワークフローを効率化する
5 つのステップ

1.  OpticStudio ファイルを取り込む 
OpticStudio® から、全てのレンズ、ミラー、光源およびディテクタを Creo パーツとして取り込みます。 STEP 、 IGES または STL ファイルは不要です。

無料体験版を試す >

 

2. 正確な光学形状を使って設計する 
正確な部品データを使用することで、光学部品周囲のメカ構造の設計を数分で開始することができます。 OpticStudio ファイルを使用することにより、データの完全性を維持することができるため光学形状や位置を再定義する面倒な作業を行う必要がありません。

無料体験を試す >

 

3. 面仕上げを適用する 
メカ部品に面仕上げを適用して、散乱プロパティを正確にモデル化します。

無料体験版を試す >

 

4. 設計を検証する 
メカ部品に起因する光学メカ システムのスポットサイズ、ビーム クリッピングおよび画像のコンタミにおける変化を解析します。メカ設計を簡単に修正し、性能の変化を再評価することができます。

無料体験版を試す >

 

5.  ISO 10110 規格の図面を生成
インポートした光学部品から ISO 10110 規格の図面を生成することで、時間を節約し、製造メーカーに明確な情報を提供します。

無料体験版を試す >

 

LensMechanix は Creo ならびに SOLIDWORKS の両方でお使いいただけます。
ライセンスがどのように動作するのかを見る >

更なる情報をご希望ですか?
下記も併せてご覧ください。

製品デモをご希望ですか?

光学メカ システムの設計において
どのようにワークフローを効率化し、
製品精度を向上させるのかを
体験してください。