Zemax Virtual Prototyping

構想と製造における
ギャップの架け橋

光学メカ製品開発に必要な
時間と精度を改善

最も信頼度の高い仮想試作ツールを
ご活用ください。

Zemax Virtual Prototyping は分業された光学設計とメカ設計の架け橋となる仮想試作ツールです。光学部品あるいはメカ部品単体だけではなく、光学メカを融合した製品全体の仮想試作を具現化する唯一のソリューションです。

Zemax Virtual Prototyping は、光学製品開発の効率を上げるために高度に統合されたソフトウェアから構成されています。OpticStudio® では、光学設計者が非常に高い精度で解析設計を行うことが可能です。一方 LensMechanix® では、OpticStudio で設計された光学系をパッケージ化し、メカ設計によって光学性能に及ぼす影響を解析することができます。これらの製品を併せることで、コストを削減し、市場投入までの時間の短縮に役立ちます。

実際の導入事例

Zemax Virtual Prototyping を導入後、Global Surgical 社は製品開発の時間を半分に削減。

A シリーズ顕微鏡プロジェクト タイムライン

計画より106 日短縮

 Zemax Virtual Prototyping 導入後
 Zemax Virtual Prototyping 導入前

設計の繰り返し作業と物理的な試作品数を減らし、
市場投入への時間短縮および開発コストの削減を実現。

エンジニアリング効率を
最大限に活かす。

光学設計者とメカ設計者間の
コミュニケーションを簡素化

設計に要する時間は開発コストに大きく影響します。図面の解読や光学的仕様の明確化のために無駄な時間をかけることなく、メカ設計者は光学設計データを LensMechanix に読み込んで数分で、メカ部品の設計を開始することができます。エンジニア チーム間の効率を高めることは、多大なるコスト削減につながります。

設計の敏捷性の
向上を図る。

OpticStudio と CAD プログラム間のファイルの
受渡しにおける設計の忠実性を維持

メカ設計者は CAD の環境で全ての光学設計データにアクセスすることができるため、光学系に関して推測を立てたり、形状を再構築したりする必要がありません。そのため、正しい情報に基づいたメカ設計を決定することが可能です。部門間で発生する業務量が多ければ多いほど、推測作業を最小限にすることは開発時間の削減に繋がります。

設計検証作業を
より迅速に。

変更が容易でコストも低い設計の初期段階に
エラーの特定と修正

光学機械システム全体を通る光線をシミュレーションすることで、機構設計者はメカ部品による光学性能の影響をシミュレーションすることができます。Zemax Virtual Prototyping を使用することで、コストのかかる物理的な試作品を作成する前に仮想試作環境下においてチーム間で不具合を解消することができます。さらに 多くの場合、よりシンプルなシステム設計に辿り着き、同じ性能でより低い製造コストを達成する製品設計を成し遂げられます。

実績は信頼の証

数千社の企業が、Zemax のソフトウェアを使用して最先端の光学製品を開発しています。
その中からいくつかお客様の声をお聴きください。

最先端企業における導入結果は、市場投入への短縮化、
そしてより高い収益性を実現し、素晴らしい成果をあげています。

 

当社では、当社サイトでのお客様のエクスペリエンスを最適なものにするために Cookie を使用しています。Cookie の設定はいつでも更新できます
お客様は、以下のボタンをクリックすることにより、当社の Cookie ポリシーに同意されたことになります。