お客様の事例

画期的な携帯型眼球撮像デバイスの開発に採用された OpticStudio

デューク大学の生体医用工学の大学院生と Fitzpatrick Institute for Photonics が OpticStudio® を使用して、眼の状態を診断する最小、最軽量の高解像度携帯型プローブを開発しました。

詳細情報:

  • プローブの設計担当チームは、眼球の前区と後区の両方を撮像できる、軽量で高速な光学コヒーレンス断層撮影システムを作成しました。

  • このシステムのレンズ設計に OpticStudio が使用され、コストの上昇を抑えると同時にレンズを小型に維持することに成功しています。

  • 光源をシミュレーションする組み込み機能を使用して、プローブに内蔵する瞳カメラの開発と最適化が実現しました。

Get your free case study now.

Sneak preview

画期的な携帯型眼球撮像デバイスの開発に採用された OpticStudio Sneak Preview

当社では、当社サイトでのお客様のエクスペリエンスを最適なものにするために Cookie を使用しています。Cookie の設定はいつでも更新できます
お客様は、以下のボタンをクリックすることにより、当社の Cookie ポリシーに同意されたことになります。