eGUIDE

迷光解析の方法

設計を評価し、性能向上のために調整するには、特定の質で光線を解析すると非常に便利なことがよくあります。フィルタ文字列は OpticStudio の便利なツールで、描画または表示の前に合格する必要があるテストを定義することができます。また、迷光の完全な光学メカ評価を行う際に使用でき、メカ部品と光学部品の両方に、反射、散乱およびコーティングを考慮します。

以下の内容を説明します。

  • ノンシーケンシャル モードの OpticStudio でフィルタ文字列を使用して迷光を解析する方法

  • フィルタ文字列の概要と作成方法

  • フィルタ文字列を使用して、特定のプロパティを乙光線を探し出す方法

  • レイアウト プロット、ディテクタ ビューア、光線データベース ビューアでフィルタ文字列を使用する方法

今すぐ無料の eGuide を受け取る。

Sneak preview

迷光解析の方法 Sneak Preview

当社は、お客様のユーザー エクスペリエンスを向上させ、当社サイトの品質を高め、お客様が関心を持たれる可能性がより高い広告を表示するために、このウェブサイトで Cookie を使用します。このウェブサイトの使用を継続することにより、お客様は、当社の Cookie ポリシーに記述された Cookie の配置および使用に同意されたことになります。