オンライン セミナー

自律走行車の仮想現実化 - Zemax OpticStudio と Ansys 社製シミュレーション プラットフォーム間の相互運用性


仮想テストは、先進運転システム(ADAS)ならびに自律走行車(AV)の開発における、何千ものテスト ケース、シナリオおよび設計パラメータの評価において必要不可欠になってきています。センサー モデルには、シミュレーションの実行を時間と計算制約との互換性を保ちながらシステム性能を正確に記述するために、適切なレベルの忠実性が必要です。

Ansys 社の SPEOS レンズ システム インポータは、Ansys 社と Zemax 社間の協力によって開発され、Zemax OpticStudio で作成された詳細な光学モデルから、自動車のカメラの ROM (Reduced Order Models)を生成します。これらの詳細な光学モデルの IP は、ROM を生成する際に、Zemax ブラックボックス 機能を使って保護されます。SPEOS レンズ システム インポータのパワーと使いやすさを、低速および高速 ADAS の典型的な使用事例における関連ワークフローを用いて説明します。

講師:
ANSYS, Inc. / SPEOS エキスパート マネージャ / Ludovic Manillier 氏
Zemax, LLC / 最高技術責任者 / Sanjay Gangadhara

今すぐ無料のオンライン セミナー視聴をお申し込みください.

当社は、お客様のユーザー エクスペリエンスを向上させ、当社サイトの品質を高め、お客様が関心を持たれる可能性がより高い広告を表示するために、このウェブサイトで Cookie を使用します。このウェブサイトの使用を継続することにより、お客様は、当社の Cookie ポリシーに記述された Cookie の配置および使用に同意されたことになります。