実践的なトレーニングによって競争力を維持できます。

Zemax の各種コースは、光学製品を迅速に設計する実用的なスキルをエンジニアリング チームが身につけるうえで効果的です。

初心者ユーザー向けの入門コースまたはエキスパート向けの高度な能力のどちらが必要な場合でも、OpticStudio と LensMechanix が備えている各種ツールの習得を Zemax のコースが支援してチームの生産性を引き上げます。

実際の光学系を長年にわたって設計してきた経験を持つ光学エンジニアと機械エンジニアで構成する優秀なチームが指導する Zemax のトレーニングは、きわめて有用なヒントと技法を取り上げる実践的なものです。

日本国内のトレーニング セミナーは、東京にある Zemax Japan のトレーニングルームで開催しています。
国外では以下の場所で実施されています。

米国
-      サンフランシスコ
-      シアトル
-      タンパ
-      ワシントン D.C.

英国
フランス
台湾
中国

個別訪問トレーニング

織で複数名を対象としたトレーニングを実施する場合は、1 日 60万円の固定料金で
利用できるカスタマイズ可能なオンサイト トレーニングが経済的なオプションです。
18 名まで参加いただけますので、多数のご参加により最大の費用対効果が得られます。
高級学位を持つ Zemax の光学エンジニアと機械エンジニアを講師に迎え、
コースの指導は Zemax ソリューションの最新バージョンを使用して実施されます。

弊社に連絡してカスタム トレーニングの日程表を作成 >

 

トレーニング受講の特典

ZPA をお買い上げのお客様は、12 か月ごとに 1 回の Zemax トレーニング コースを
20% 割引でご利用いただけます。

最適なコースを求めて

LensMechanix を使用した光学機械システムの設計


このコースは、光学の背景知識がないか限られている機械エンジニア向けです。

LensMechanix を使用して、機械設計が光学性能に及ぼす影響を評価し、機械設計によって発生する問題のトラブルシューティングと修正を進める方法を学習します。このコースでは、光学の基本原理を紹介し、LensMechanix のデモ、実験演習、レンズのサンプル ファイルの使用、実用的な例、実務で使用できるヒントとリソースを取り上げます。

トピック

  • OpticStudio ファイルの読み込み
  • レンズ データの表示
  • 正しい解析設定の選択
  • 光線追跡の実行と結果の解析
  • スポット サイズ、ビームのクリッピング、像の混在に関する問題のトラブルシューティング
  • OpticStudio による設計ファイルの更新
  • OpticStudio による出力ファイルの保存

得られるスキル

  • コースを修了した受講者が得られるスキルは以下のとおりです。
  • 光学の概念について説明する
  • 機械設計によって発生する一般的な問題を特定する
  • 光学機械解析を設定する
  • 光学性能サマリ テーブルで問題のトラブルシューティングを実施する
  • 機械部品に起因する誤差を製造前の段階で修正する

前提知識
OpticStudio や LensMechanix の知識は不要です。SOLIDWORKS の実用的な知識が必要です。

 

料金
100,000円 (税別)

 

スケジュール
1 日 4 時間の講義を 3 日連続で開催します。最終日に、受講者は選択した実習に取り組み、各自のペースで作業して不明点に関する質問ができます。コース最終日の受講は任意ですが、受講を強くお勧めします。

2018 年 1 月 10 日~ 12 日 オンライン
2018 年 4 月 11 日~ 13 日 オンライン
2018 年 7 月 18 日~ 20 日 オンライン
2018 年 10 月 10 日~ 12 日 オンライン

* オンラインセミナーは現時点で英語での開催だけとなります。
 

当社では、当社サイトでのお客様のエクスペリエンスを最適なものにするために Cookie を使用しています。Cookie の設定はいつでも更新できます
お客様は、以下のボタンをクリックすることにより、当社の Cookie ポリシーに同意されたことになります。