光学製品開発の変革


光学性能の向上
市場投入の時間短縮
コスト削減

Zemax Virtual Prototyping 

光学製品開発の時間短縮を実現するソフトウェアスイート Zemax Virtual Prototyping で
かつてない速さで光学系の構想から具現化まで遂行。航空宇宙や天文学に始まり、
自動車、バイオメディカル研究、家電製品、マシンビジョンに至るまで、さまざまな分野の企業が設計性能の向上を達成し、同時に開発コストを削減しています。

光学性能の向上

所要時間の短縮

コストの削減

光学設計部門とメカ設計部門間の
ワークフローを合理化

OpticStudio ならびに LensMechanix の二つの性能を活かして、
光学設計者とメカ設計者の間で完全な設計データを共有化し、仮想モデルで光学性能の解析検証が可能です。
その結果、設計開発の繰り返し作業が減少し、物理的な試作品数も最小に抑えることができ、
時間の節約とコスト削減につながります。


OpticStudio は、複雑な物理計算とインタラクティブな UI を融合し、
レンズ系、照明光学系、レーザー光学系の解析・シミュレーション・最適化を実行し、すべて公差の仕様範囲に収まるようにできます。
 


LensMechanix は、メカ設計者が CAD プログラムにて
光学系のパッケージングを行う上で最良なアプリケーションです。
LensMechanix は SOLIDWORKS ユーザに利用可能で、
さらに Creo Parametric ユーザにも新たに利用可能となりました。

アプリケーション

結像光学系
OpticOpticStudio® および LensMechanix® は、
望遠鏡、カメラ、火星探査車用センサーなどの結像光学系や、神経系画像結像用の 2 光子顕微鏡を設計する科学者やエンジニアに
最適なツールです。

レーザーとファイバー
レーザーとファイバーの技術の用途は、
一般家庭用製品から、レーザー誘導システム、蛍光撮像、光ファイバー センサー、
レーザー材料加工まで、
きわめて広い範囲にわたります。

照明機器と照明光学系
実際の光源から均一な照明パターンまたは滑らかに変化する照明パターンを作り出すことは、光学系設計で重要な課題です。照明の光源は不均一である傾向が強いので、この種類の照明
機器と照明光学系は設計が複雑になります。

実績は信頼の証

数千社の企業が、Zemax のソフトウェアを使用して最先端の光学製品を開発しています。その中からいくつかお客様の声をお聴きください。

当社では、当社サイトでのお客様のエクスペリエンスを最適なものにするために Cookie を使用しています。Cookie の設定はいつでも更新できます
お客様は、以下のボタンをクリックすることにより、当社の Cookie ポリシーに同意されたことになります。