プライバシ

Zemax では、インターネット上でのプライバシ保護に厳しい基準を設けています。以下のプライバシ保護方針は、Zemax の Web サイト訪問者からインターネットを介して送信される情報のプライバシを Zemax がどのように保護しているかを説明するものです。

一般的に、Zemax はその Web サイト訪問者に関する特定の個人的な情報を、こうした情報が自発的に提供された場合 (Web サイト訪問者が電子メールや照会を送信した場合や、Zemax からの購入登録を行った場合など) にのみ取得します。Zemax は、訪問者の要求に応える目的でこの情報を使用します。ただし、Zemax は、その Web サイトの効果と有用性の判定に役立てることのみを目的として、一部の一般情報を自動的に収集します。この一般情報は訪問者の身元を特定するものではありません。この一般情報として、訪問者がどの Web サイトを訪問したか、サイト上のさまざまなページの閲覧に費やした時間、訪問者のドメイン名のタイプ (.com や .org など)、訪問の起点となった Web ページなどがあります。Zemax はこの情報を使用して、お客様サービスのニーズを把握します。Zemax は将来的に、訪問者やお客様に提供するサービス向上の目的で、データ収集の技術力向上を図る可能性があります。Zemax による運用のこうした変更を反映して、このプライバシ ポリシーは定期的に更新されます。

Zemax の Web サイトでは「Cookie」を使用する場合があります。Cookie は短いテキスト セグメントで、訪問者の Web ブラウザに送信され、訪問者のハード ドライブに情報として保存されます。この情報は、後で訪問者が弊社サイトを訪問したときに、最初に訪問者に Cookie を送信したサーバーに返送されます。この Cookie によってサーバーは以前のトランザクションを再度呼び出すことができるので、データ収集の反復が避けられます。訪問者は、Cookie を受け取ったときに通知されるように、(通常はブラウザを使用して) それぞれの装置のハードウェアまたはソフトウェアを構成できます。訪問者は Cookie の受け取りを拒否できます。

Zemax は、訪問者に関して取得した情報を社外に対して販売も開示もしません。ただし、トランザクションの性質から訪問者がそのような行為を許可した場合、法的に求められた場合、従業員、訪問者、お客様、または財産の保護のためにこうした開示が必要な場合はこの限りではありません。「スパム」と呼ばれる「ジャンク」電子メールを Zemax が送信することはありません。電子メールを通じたお客様への連絡、メッセージに対する応答、製品購入の確認、訪問者が要求した情報または訪問者が興味を持つ情報の送信が必要な場合、Zemax は通常は電子メールを使用します。Zemax から希望しない電子メールを受信したお客様または訪問者は、電子メールの送信停止を Zemax に要求できます。

Zemax は、訪問者が Zemax から製品を購入する際に送信するデータを保護するために適切なセキュリティ対策を講じています。Zemax の従業員、パートナ、請負業者には、こうしたデータのプライバシを保護することが要求されています。Zemax は、訪問者やお客様がアカウントにアクセスするときや Zemax オンラインからサービスを購入するときに、プライバシの保護について安心していただけることを目指しています。Zemax は、その Web サイトに置かれたリンクからのアクセス先となる弊社以外のサイトが提供するプライバシ保護やコンテンツに関しては責任を負いません。

Zemax はその訪問者やお客様に関して取得および使用する情報の正確性を期すために、そのデータを検証しています。お客様がオンラインのアカウント データから間違いや誤りを発見した場合には通知いただくようお願いいたします。

サンプル ファイルと機密保持

サポートに支援を依頼される際に、問題が発生するサンプル ファイルがあると、技術的問題の解決が著しく容易になります。一方で、多くのお客様が設計の機密保持について心配されるのは当然です。Zemax では製品開発契約を伴う作業を一切お引き受けしていません。したがって、技術的なご質問をする場合に、競合他社に勤務している人物や同じ案件の入札で競合している可能性がある人物にお客様の作業内容が開示されるおそれはありません。それでも、設計ファイルの共有に関して不安がある場合は、問題を確認できるうえで最低限必要な内容のみにファイルを簡素化する方法もあります。また、ソフトウェアに付属する 100 個以上のサンプル ファイルのいずれかを使用していただいてもかまいません。